FC2ブログ

卒業

今日は卒業の日です。

学生もそうですが、自分も明日から制作部チーフになります。
がんばります。



話は変わって、自分の父も今日で定年退職です。
38年間、教員の仕事を続けて。
本当にすごいと思います。

自分はまだ仕事らしい仕事を始めて7年8年くらいです。

この5倍は仕事してるってことです。
土日の仕事も多かったので、おそらくもっといってます。


父は自分の小さい頃は帰りが遅くて、会えない日も多かったんです。
でも、幼稚園には毎朝父と歩いて行っていました。

小さい頃の記憶はなくなるといいますが、
自分にとって本当に思い出に残っていることって、
本当に嬉しかったことなんだろうなって思います。

小学校の時も、中学校の時も、高校の時も、
ミニバスや部活の最後の試合は必ず父は見に来てくれました。
仕事の都合もあって、毎試合は無理だったようですが、最後の試合は必ず。

高校の試合なんかは家族みんなで見に来てくれました。


大学に入った時も、父はすげー喜んでくれて。




父には「父親像」みたいなものを学んだ気がします。
キャッチボールして遊んだり、
山登りいったり、
海に行ったり、
スキーしに山行ったり、
川に釣りに行ったり。

当たり前のように感じますが、たぶん当たり前じゃないと思います。
普通にあったよという人もいると思いますが、
その普通にしていることが、今の子供はできていなかったりするんです。

小学校入ってキャッチボールできな子供とかもいるらしいですしね。
幼稚園児ならまだわかるけどね。


父とのキャッチボールもいまだに覚えています。
あの豪速球を取れと言われた恐怖心もw
スキーだって最初は父の足の間に挟まって滑ってたし。
葉山に登山しに行って、指をアブに刺されたし。今でも跡ありw
釣りに行って、帰りに釣竿を振り回してたら、泥が父の服について父の機嫌がすこぶる悪くなったこともw


うちの父は殴ったりだとかなかったんです。
でも、怒るとすげー怖い。
その場の空気が一変するんです。
ハワイから北極に行ったみたいに。
パッキーーーン…って。

あの威圧感と理攻め。
まぁ、慣れてても勝てないっすw



でも父も孫が生まれてからは割と丸くなってw
怒ることも少なくなって。
孫が可愛いらしいです、どうもw


やっぱり退職って人生の区切りみたいなもんなんですね。
自分の中でも、父の退職はすごく感慨深いです。

これまでの思い出がブゥワーーーって蘇ってきます。
同時に涙も出てきます。
SUUMOのCMみたいに、これまでの思い出が映像で出てくるみたいです。


父の第二の人生の始まりです。
これからはこっちが恩返ししていく番。
たっぷり恩返ししていきます。


明日早速家族で食事会です。
もちろん、プレゼントも用意して。
娘の入園式も重なり、二重の楽しみです。
スポンサーサイト



Category: 未分類

娘が生まれてもうすぐ11ヶ月が経ちます。

今はつかまり立ちをして、少しだけつたえ歩きが出来るようになってきて。
何を言っているかはわからないのですが、
必死に自分の言葉と身振りでいろいろ伝えようとしてきているのがわかる頃になってきました。

スッゲーかわいいです。

間も無く保育園にも通い始めますが、変な男が寄り付かないかと心配でなりません。

息子の時もそうですが、我が子が生まれた日はすごく細かく覚えています。

娘が生まれた日は、4月の末。
ゴールデンウィークにギリギリ入ったか入らないかの時期でした。
妻は先に入院して、病院にて待機。
出産が普通分娩ではなかったので、予定日に確実に出産。

ただ、普通分娩ではないので、万が一のこともあります。
妻は息子の時に経験しているので、それほどそれほどって感じだったと思います。
自分らには隠していただけで、本当はすごく不安だったのかもしれませんが。
母は強しといったやつです。


11ヶ月前は今の家に引っ越す前のアパート暮らしで、息子と一晩過ごしました。

息子は楽しみにしていました、本当に。
過ごし方にいたっては仮面ライダーやら戦隊ものやらで、いつも通り。
でも、明日からお兄ちゃんになれるね!と言っていたのを覚えています。


次の日の朝は、普通に起きて、準備して。
息子と一緒に病院へ。

妻も既に起きていて、テレビを見ていました。
自分と息子はダラダラと…
緊張していましたが、緊張感はなかったです。

二人目はこんなものなのかなと思ったのを覚えています。
そこから出産までは、別の部屋に移ったり親が来たりと…。

間も無くして妻は手術室へ。
自分らは待機。

1時間くらいっすかね、娘のお目見えです。
嬉しくて、本当に。

息子も最初は恥ずかしそうにしていましたが、
すぐにかわいい〜と言ってベタベタしてましたw

程なくして、妻も帰って来ました。
麻酔が残っていて、少し意識朦朧気味。

「大丈夫、生きて帰ってきた」と、
やっと安心できたのを覚えています。



妻も娘も無事。
なによりそれが一番でした。




手術なので、100%は無い。
それがずっと自分の頭にありました。
悪い癖で、ネガティブではないと思っているのですが、
そうゆう時、最悪の事態を考えたりもしてしまいます、性格上。


娘が産まれて、一週間は入院。
その間、息子と自分はアパートに戻って生活。

で、朝できるだけ早く病院に行くw
大好きなんです、妻も息子も娘も。

妻には単純に逢いたい。
息子は喜んでる顔、嬉しそうにしている顔を見たい。
娘はには早く逢いたい。

そんな感じでした。





すくすくと育っていく息子と娘。
いずれ同じ経験をしてくれるんだろうな。

孫の顔が見たいとはまだまだ言いませんが、
息子や娘のお相手は早く見たいです。

タイムマシンがあるなら今すぐにでも見たいですw




息子の保育園生活もあと二年。
娘の保育園生活まであと二日。

ますます楽しみな二人です。

おしまい
Category: 子育て

ブログの「ブ」

一ヶ月前から更新していませんでした。
ごく少数でしょうが、愛読している方々、申し訳ございませんでした。



さて、昨日はホワイトデーでした。
ホワイトデーに関して、過去を思い出そうとしましたが、
特にこれといって思い出せる思い出もなく…

あ、もらってなかったからだ!
と、逆に悲しくなりました。


自分は妻と子供にあげました。
コンビニのスイーツでしたが、妻は喜んでくれました。
その喜びが嬉しかったです。


妻は高価じゃないものでも喜んでくれます。
それをもらっても嬉しくない人もいると思いますが、
そういうモノ・コトに対して喜べないのって、すごく残念だと思います。

感情が乏しいというか…
愛情をもらうだけで与えることができない人なのかなと。


仕事をしていると、たまに
「安モノだったんですよ〜」とか
「高かったんですよ〜」とか
聞こえてきますが、
どんなものをもらっても嬉しいじゃないかと、自分は常々思っています。


安いとか高いとか、質がいいとか悪いとか。
確かに高いものは質もいいと思います。
でも、貰えるものってそこじゃない。

高いものは自分で買いましょう。
その方が自分でお金貯めて買っているので、長く使うと思います。



そのものを選ぶ「時間」や「気持ち」はプライスレス。
綺麗事ですが。

高いものでしか喜ばない相手がいるなら…
お疲れ様ですってかんじです。



話は変わります。

4月頭にJB社員の結婚式があります。
彼とはJBに入社する前から、釣りに行ったりなんだりで、仲良くしていました。

女は好きですが、結婚とかはしない人種だと思っていたので、
結婚の話を聞いた時には驚きました。


で、結婚式での余興を同じJB社員にお願いしているようでした。
自分も100あるうち2ぐらい絡んでます。

誰にせよ、結婚式は楽しみです。

結婚式の余興で思い出すのが、初めての友人の結婚式での余興です。

当時一世を風靡していたAKB48の「会いたかった」を踊りました。
ミニスカ履いて。
恥ずかしかったです、まじで。
酒入っていたからまだよかったものも、シラフであれはリームーでした。

そのおかげか、今でも踊れますたぶん。
やりませんが。

二回目の余興では、
「ビール好きの友人のために、ビールを1ケース会場に当日届けてる風」のムービーを作りました。

撮影したのが自分でしたが、大変でしたが楽しかった思い出があります。
友人みんなで協力して「ビール」を届ける。
素敵な話でした。


自分の時は、馴れ初めをドラマ仕立てでやってくれました。
妻も男の友達が演じました。
あと歌に合わせて懐かしい場所を巡ってる映像とか…w
すげー面白かったですw


余興はしたりしなかったりの結婚式の参列ですが、
時間かかるとその分面白くなるなと思っています。

次はいつだろうか…。。。


4月が楽しみです。
おしまい。