FC2ブログ

嗚呼、夢の国。vol.1

ご無沙汰しております。
あれから二ヶ月以上も経過してしまいました。

月三更新の意欲は何処へやら。。。
意欲はあるんです。
ネタもあるんです。

書こうと思う時に限って、忙しくなるという。
見張ってんじゃねーかってくらい抜群のタイミングできます。




さて、先月になってしまいましたが、
初旬に有給休暇をいただき、
夢の国a.k.a東京ディズニーリゾートへと足を運んできました。

前々日から楽しみと焦りと不安の狭間で葛藤を繰り返し、
ついに当日を迎えました。

移動は車です。
なぜかって?夜中に遠征するからですよ!
出発したのは、およそ夜の10時頃だった気がします。

子供達は寝ずに起きてました。
娘は寝てたかな…?
息子は元気いっぱい。
自分の一足早い卒園のお祝いも兼ねてますから、もうどんちゃん騒ぎです、一ヶ月前くらいから。

そそくさと準備を済ませ、いざ出発。
運転は今回は自分がずっとしました。
むしろそのつもりでした。

妻には子供のフォローをしてもらわないといけませんから、
何かあった時の為にと、余裕を持って臨みました。

今回はしっかり保険証も携帯し、不安はなし。
唯一あったのが自分の鼻づまりぐらいです。

往路は順調に車を走らせ、たまに休憩し、
東京の夜景を眺めながら、千葉県内へ。

そして、前回迷走した箇所に突入。
今回は流石に2回目だし「いけるべ!」と踏んでいましたが、
甘かった。。。
夢の国はそう簡単に受け入れてくれませんでした。

迷った。去年と同じ感じで迷った。
照らし合わせたら同じルート走ったと思います。

妻に「ここまっすぐって書いてるよ?」との
アドバイスをもらったのですが、ナビを信じた自分がバカでした。

自分の車のナビは数年前の中身のまま。
仕方ないです。
道は日々変化してゆくもの。

生涯の伴侶となる妻の言い分を聞いておけばよかった。。。
と、後悔しました。
次回は迷うことなく行けそうだと、同時に確信しました。


で、東京ディズニーランドホテルの駐車場に、
朝4時くらい?に到着。
電気が煌々としております。
子供達はまだまだ夢の中。
妻は早くも身支度を開始。
自分は寝支度を開始。

昨年の経験を踏まえ、事前にアイマスクを用意しました。
ピンクのガチャピンみたいな。
準備は万端。
いざ寝るべし!と意気込んだはいいものも、
環境が変わった今、そう簡単に寝れるはずがない。

アイマスクをして、暗闇の中、自然と睡魔が襲ってくるのを待つものも、
襲ってくるのは首から腰にかけての違和感。
車の背もたれを倒そうとすると、後部座席に支障をきたすので、
最低限の角度。


寝れない。

妻がトイレに行ったっときに、
なぜかすっと眠りに落ちた感じがしました。
戻ってきた物音で目が覚め、アイマスクを外し、
妻と少し話をして、目を瞑ったら一瞬で寝ました。

原因はアイマスク。
慣れないところにわざわざ慣れないものを持ち込んだことによる、
拒否反応でしょう。

何はともあれ、二時間程度寝れて、そこから自分は身支度開始です。

今後車で行く方には覚えておいて欲しいのですが、
ランドホテルの駐車場にはトイレがあります。
そこで顔洗ったりしました、歯磨きしたり。

昨年にはなかったスッキリ感。
順調に準備をして、子供達も起きて、着替えて。

いざチェックイン!!!!
しました。

初日は急遽予定変更のランドへ。
目の前です、ランドホテルから。

おやおやおや。
ツワモノどもがわんさかおります。。。

自分の役目はわかっています。
事前に妻と打ち合わせています。

そうです。
プーさんのハニーハントのファストパスをゲットするんです。

ファストパスってすぐ取れるんじゃないの?
とお思いの、そこの方。

そのチョコラテのように甘い考えは、朝一のファストパスには通用しませんので。

まさに戦国。
その中を「パーク内は歩いてお進みくださ〜い。」と告げるキャストをガン無視し、
ファストパスの「列」に並ぶのです。
そうなってからも戦いは終わりません。

ジリジリと進むその中で、早く取れそうなファストパスのメカを見定め、
迷惑にならないようにそちらへと進み、前後幅5cmくらいの中を進みます。
ゆっくり。ぶつからないように。

ぐいぐいきます、ほんと。
みんな乗りたいんです、プーさん。
逢いたいんです、プーさん。

で、無事取得。
家族はというと、混雑を避けた(むしろ避けていてくれ)、
イッツァスモールワールド周辺に待機しておりました。

子供向けということもあって、まずはそれに乗りました。
スイスイ進み、あっという間に乗れました。

息子も娘もはしゃいでいました。
楽しそうでした。

そして初めてのフィルハーマジックも見てきました。
全然混んでない。

その後も次々と乗り物を乗りこなし、
いよいよプーさん。

面白かった〜。
なんか予想以上に激しい動きで、
娘は泣いていましたが、個人的にはすごく楽しめました。

そして息子は昨年怖くなって乗れなかった、
カートゥーンスピンに挑みました。
見事完走。

乗車後、彼は「怖くなかったね!」と言っていました。
乗車中ずっと自分の腕を掴んでいたのにも関わらず。

強気な発言でした。
大人になったなと感じました。

そして同じトゥーンタウンで、
息子の人生初となるジェットコースターに乗りました。
これまた自分と。

「子供騙しだから」という妻の言葉を信じ、
大したことなだろうという気で行ったら、
普通にビビりました、二人とも。
いやいやいや。。。

そして、一番自分が楽しみだったパレード。
今年もお願いしますよ〜とウキウキで待っていたら、
来ました来ました。

軽快でリズミカルでファッショナブルな音楽とともに、
主要メンバーたちが続々と。

何がそんな楽しみなんだって、
まずは音楽。
否応無しに体が反応するテンポとメロディー。
そして巨大で作り込まれたセット。
これがマジでやばい。

主要メンバーたちの立ち振る舞いばかりを見がちのパレードだが、
そのセットに目を向けると凄まじい時間と労力と財力を使っているのがわかります。

あれはすごい。
息子に「パパ作れる?」と聞かれました。
「作れないね。」正直に僕は答えました。

あのクオリティは、慣れた人じゃないと出せない。
それがいちばんの楽しみです。


夕方あたりになってくると、娘の機嫌が徐々に損なわれていきました。
眠い、疲れた、お腹空いたの三拍子突入です。

こうなると一つクリアしただけでは治りません。
空腹はしのいだものも、眠気と疲労には勝てなかった娘ちゃん。

パパも足が限界だったので、ここで別行動となりました。

自分と娘は一足先にホテルへ戻りました。
娘は機嫌がMAX悪く、自分の力の及ばない範囲にまで到達していました。

なんとかかんとか、一緒に過ごしているうちに、
テンション覚めやらぬ息子と妻が帰還。

娘を妻に任せ、自分はタバコ休憩へと向かいました。
疲労感と足がMAXでした。

買い物をして帰り、息子と妻ともぐもぐ食べながら、
窓から見えるランドの花火やらプロジェクション見ながら過ごし、
何の問題もなく、1日目を終えました。


長いのでvol.2に続けます。
一旦おしまい。
スポンサーサイト



Category: 子育て

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する